ことねオーボエ教室の日々。|東京池袋・新宿・渋谷のオーボエレッスン

オーボエ専門の音楽教室代表による、オーボエやプライベートの長めのつぶやき。

真剣に向き合うと、神経質になっていく・・・。

新型コロナの流行の影響なのか、今月初旬からすでに来月に体験レッスンのご希望を多く頂いております😲確かに、今この時期に繁華街等に出かけるのは避けたいですよね。今からなら来月もゆとりがありますのでおすすめです❣️

kotone-os.com

 

練習日記をつけたりしていくうちに、いつも同じように練習しているつもりでも結構調子に浮き沈みがあるなぁということをすごく感じるようになりました。

で、オーボエという楽器がものすごく繊細なことはず〜っと前から知ってはいたけど、いちいち湿度とか気にし始めたら悩みが増えるから、なんとなくで!!というのをポリシーにしてきましたが、近年の異常気象もあって、もう無視できないかも・・・と思って、温度計・湿度計をついに買いました。ポータブルで立てかけられて便利!

いろいろ見ましたが、ちっちゃくて時計もついていて、安かったのでこれを買いました。最安値です。

 

これも可愛いなぁと思いましたがちょっと大きそうだったのと時計機能がなかったのとその割に高かったので却下🙄

 

オーボエと真剣に向き合おうとすればするほど、どんどん神経質な方向に向かっていくような気がします。突き詰めようとするとどうしても気温や湿度の話は無視できないし、具体的な数値を知っておかないとデータ化出来なくて、「なんとなく」でしか表現出来ずちょっとモヤモヤしてしまいます💦

湿度が高くてがっかりすることからも、もう逃げないことにしました(笑)

 

私の湿度計、自宅で画面のベビーが笑っている日をいまのところ1日も見ていません。それだけ乾燥してしまっているんですね。エアコンをつけていることもあって、自宅の湿度はたとえ外が雨でも35%前後です。お肌もカサカサ。

 それなのにスタジオに入って長い時間レッスンをしていたりすると、教室のレッスン室の中は60%を超えることも。そりゃ〜リードもおかしくなりますね。対策しないと全然だめだった。💦

 

感覚だけでなく数値でデータ採りすることで、今日セレクトするリードが片っ端から試さなくてもおおよそ分かるようになり、結果的に時短になりました。皆さまにも湿度をしっかり見て頂くこと、とってもおすすめします!!

最初の師匠

体験レッスンってすごく刺激的。それは講師にとっても、なのです❣️

最近久しぶりに体験レッスンをして、いろんなことを逆に学ばせて頂きました。今年もたくさんの出会いがありますように✨

kotone-os.com

 

私がオーボエをはじめた時に習っていた先生に久しぶりにお会いしてきました😌

 

私は高校に入ってオーボエを始めたので、受験にむけて動き始めたのは高1の冬頃でした。(これは遅いほう。でも大学同期で再遅で高2からそもそもオーボエを始めたという兵も😳今やその子は同期で一番演奏家として輝くバリバリのプロなので、最終的にはスタート時期以上に意思があればなんとでもなるもの。ただし、開始が遅いと受けられる大学には確実に限りが出ます)

 

部活でレッスンしていただいた後にお茶をお出しして先生方でお話するという風習があった母校吹奏楽部の部室でのこと。

 

先生「山内さん、よく吹けてますよ」

指揮者の先生「そう?それで、こいつを音大に行かせようと思ってるんだけど(ドヤ)」

先生「えっ なに!?本当に!?うそでしょ?!」

・・・押し問答がしばらくあったあとで

指揮者の先生「・・・というわけで、弟子としてよろしく」

先生「もう芸大は浪人しないと絶対に間に合わないから、私立よ!」

となんとかまとまったのでした(笑)

このやりとりはいまだに忘れません😥高校生の部活レベルではよく吹けていたかもしれないけど、受験となっては話が別だったらしく、先生を大慌てさせてしまったなぁと回顧。

今になってみると大げさでなく私って落ちこぼれだったなって思います。自覚してなかったけど(笑)自覚してたら音大は志さなかったなぁ・・・無知に救われた(笑)そう思うと私の弟子たちは皆真面目で一生懸命です。私のあの頃に比べたらずっとちゃんとしています✨こんなちゃらんぽらんでダメダメな私でものらくら生きているのだから、と思うと。そういう背景もあるのか?私自身、前より音大受験に対してあまり強く反対しすぎないようになりました。(母親になって優しくなった、とかではなくそれにはまた他に理由がたくさんあるので次の記事で)

 

そして今回先生にお会いしに行ったのにはワケがあって、この春から先生の門下に私の弟子が行くことになったから。

音高・音大受験生はこれまでちょこちょこ見てきましたが、実は自分の師匠の門下に進んでくれたのは今回がはじめてで、感慨深いですね。

 

受験前はダブルレッスンになっていたのですが、先生のお気づきになる点と私が気になっていたことは大体一致していることを思うと、やっぱり先生に習ってたんだなぁ〜としみじみしてしまいました😌初期に習う先生にはかなり影響されるので、はじめてすぐ習うということと、最初にレッスンする講師はは本当に大事で責任重大です。

 

江古田といったら、夕方からしかやっていないバトーさんへ💓去年の発表会ゲネプロの下見以来✨あのときはお腹が大きかった🤰

 

寒いけど気になったのでロッキーロードを買いました🍨

f:id:kotone-os:20200208130231j:image

開店から1時間しないでほぼ完売してました💦人気店ですね😳

 

 

楽譜を使わないレッスン

年度末まで、口コミ投稿でご入会金が半額です。

山内クラスもほんの少しだけ新規の生徒さまを受け入れ中です(超レアな期間です)ぜひいらしてくださいね。

kotone-os.com

 

新しいアイディア💡

本当にベーシックな基礎練習のときには楽譜を使わないことが多いのですが、基本的には何らかの楽譜があるのが普通。

 

最近新しく入った小学生ちゃん(実はキッズのご受講が一定数いらっしゃる❣️)のレッスンをしていて、その子の耳がものすごく良かったので、理屈より感覚で教えたいなぁと、いつものパターンではなく模倣の練習を取り入れてみました。

子どもは本当に器用で、耳から直接脳に働きかける方がスンナリ出来ることが多くて、あんまり言葉は多く必要ないのかなと思いました。それより講師は演奏する背中で教えてあげた方がいいですね💓良いお手本を奏でられるように私も日々気を引き締めて修行したいと思います。

 

でもこれ、子どもだから大人だから、ではなく、もともと民謡のようなものは口頭伝承が基本なわけです。西洋の楽器なので楽譜を目で見て演奏するということが当たり前のようになっていますが、音楽という大枠で考えれば楽譜のない音楽の方がむしろマジョリティかもしれないので、あまり目で見えるものに囚われなくても良いかもしれない、と考え直しました。

皆にこういうレッスンをやってみたらどうなるか、試してみたくなったので、これを今月はメインテーマにしようと思います。

1月のレッスンは、フィジカルにフォーカスを当てて、レッスン前のストレッチや練習後のクールダウンのご提案をたくさんしてきました。

2月のレッスンは、耳を育てることを考えてみようと考えて、出来る時は取り入れてみています。合奏においてチューナーを手放せなかったり、個人練習をしていても音が素直に並ばなかったり、お悩みは尽きない方には良い解決法になるかも?

 

山内のレッスンは私自身が「ふぁあ〜ってかんじ」「パァーって吹いてください」とかそういうレッスンが得意でなかった結果すごく理屈っぽくなってしまっていたのですが、それもそれで柔軟な音楽性に繋がりづらいので、時折抽象的な表現や、感覚的なところから入るレッスンもあるべきですね。

 

 チューナーは、ひとつのものさしとして使って下さい。

今時のメトチューは可愛いものがいっぱい。キャラものはまったく興味のない私ですが、色味が可愛いから私のはなんとなくキティちゃんです。

リトルマーメイドは世界観と雰囲気が好きなので、今のが壊れたら年甲斐もなくきっとこれを買います。可愛い😍

 

 けろっぴなんて懐かしすぎるサンリオキャラ。これも良いけど今どきの女子高生とかけろっぴ知らないんじゃないかな〜?🐸

カラオケ音源、楽しい!

2月に入りました♬

色々怖い流行り物がありますが、教室は通常営業です。口コミ投稿(辛口大歓迎!)でご入会金が割引になります。今月からご入会金がかなり久しぶりに改定されましたが、お手頃価格で始められます。下記よりお申し込み出来ます👇

kotone-os.com

 

たま〜に1人現場の時にカラオケ音源でお願いされることがあるのですが、レッスンでは目の前にアンサンブルできる相手(講師)がいるのにわざわざ音源を使わなくてもいいかなというのが私の考えで、ピアノつきの楽譜を選んでカラオケ音源は使ってきていませんでした。

でも、もともとがカラオケ音源で吹く前提の曲集をみつけて、これならこれはこれで楽しめそうなので産休明けから使おう〜と買って保管しておいたやつをついに使い始めてみました。こちらの楽譜です👇

オーボエで吹きたい超定番曲あつめました。(カラオケCD付)

オーボエで吹きたい超定番曲あつめました。(カラオケCD付)

 

 

レッスンで使う前に自分でやってみると、ちゃんと打ち込んであってクオリティ高い❣️そして楽しい✨ピアノ伴奏にないスリル(?)とダイナミックさ、ハマりそうです。ストレスがたまっている方にはおすすめかも。

 

カラオケ音源で吹く時に気をつけることは、楽器と合わせる時とも、ピアノと合わせる時とも、また異なります。また、歌の曲をそれらしくカッコよく吹くスキルはクラシックとはちょっと違います。ただ吹くとスーパーに流れてるBGMみたいになってちょっと安っぽくなっちゃうので、魅せ方がすごくすごーーーく大事。クラシックと魅せ方はぜんぜん違いますよ。

そういうお仕事の方がむしろ今は多いので、ポップスの吹き方はある程度お教えできると思います❣️学びたい方は山内まで。

 

池袋のスタジオはオーディオ再生も出来るのでレッスンで取り入れられて良いです💓音源再生はもっぱらYouTubeですが、CDがあるものは今後使っていこうと思いました。

スタジオによってはオーディオがついていたりするので、カラオケ音源ものをレッスンでやってみたい方は講師までお声かけくださいね。個人的に楽しむのも良いです😊

エチュードはお薬。

1月は本当にたくさん体験レッスンをご予約・ご受講頂けました。新年早々忙しめの良いスタートでした!

現在は2月のご受講をメインに体験レッスンのご予約を承っております。

kotone-os.com

 

去年からとにかくエチュードと名のつくものは片っ端から見て、上達に向かうお手伝いをしてくれそうなものはどんどん取り入れており、今の私は4〜5冊並行してさらっている状態です😅

1冊全曲終わったら次を探して…という形ではなくて、今年の私はその日に必要なものをピックアップして、1日に大体5〜6曲つまり1冊に対して1〜2曲練習します。

この練習が実は効率的で!

ベーシックな基礎練習をしてみた時に、運指に不安が出たときは全曲全調スケールのようになっているエチュードを。息の伸びが悪いときはゆっくりした曲をブレス確認をしながら進め。あとは初見の練習をして脳を刺激したり…ひととおり終わるとすっきりします。

 

ただただエチュードで音の羅列を作るのではなくて、基礎練習をしながら今日必要なエチュードが何かを考えて進めるのがコツですよ💡

 

なんだかエチュードってお薬みたいだなぁと思いました。

 

まずオーボエをはじめた方はヒンケを終わらせてから先に進みましょう。ヒンケは様々な要素が全部入りの優れもので、これ以上のエチュードはないと私は思っています。

 

 

ヒンケはつまらないからやりたくない😗ととくに男子中高生あたりから言われることがよくあります(笑)が、結局ヒンケの内容をクリア出来ないとのちのち曲を吹いた時に基礎的なところで必ず躓くので、同じような練習に戻ることになります。そう、これがヒンケの呪縛です…。遠回りも経験、とも言えますが、ヒンケの内容はオーボエ吹きにとって避けては通れない道なので、つまらないと断念するより楽しんでサッと終わらせる方を考えた方が良いと思います🤣

ちなみに、ヒンケを飛ばしてしまっている方は基礎練習も飛ばしがちです。スポーツ選手が誰しも準備運動をするように、どんなに上手な方でも基礎練習は皆こなします。基礎練習をしないことは準備運動なしでマラソンするようなものですので、要注意ですよ🤭

 

話は逸れましたがまたエチュード話に戻って。問題はそのオールインワンでパーフェクトなヒンケが終わった後です。オーボエエチュードは特にジャンルが偏りがちで、ある一冊に特定しすぎてしまうとひたすら♭系のパッセージ練習になってしまったり、音階練習ばっかりだったりして、日々変化するのその日必要な練習に適応出来なくなってしまいます。

そうなると、私がこれからエチュード博士になって、必要なものをコピーして頂くのが一番生徒さまに良いかもしれないなぁと思い中です✨

アンサンブルレッスンのお問い合わせ。

最近何故か多数の方からアンサンブルレッスンのお問い合わせをドッと頂きました😮

オーボエ同士のグループレッスンを行なっているところってなかなかないと思うので、これもオーボエだけで大所帯のことねオーボエ教室だからこそ受けられるレッスンだったりします✨

 

グループ分けも個人のテクニックを考慮しておりますので、まず体験レッスンをご受講頂くようお願いしております。

kotone-os.com

 

グループレッスンについて今日は少し書いてみたいと思います✏️

ホームページに記載されている通り、常に開講・募集しているわけではなく、半年ごとにクラス替えを行なっており、次の期の2〜3ヶ月前のタイミングでの募集となります。(今は7期目の途中です。)次期は発表会が2021年1月に決定しましたので、おそらく8月頃からスタートとなります。発表会のエントリー開始が年度明け頃になると思いますが、次期の場合グループレッスンの募集も同じタイミングです。

発表会にむけて進むグループレッスンは本番というゴールがはっきりとしているので、緊張感も楽しめると思います。同時に、本番があるので個人のテクニック向上も求められることがあります。グループレッスンでは全体的なお話しか触れることが出来ないので、技術的に難しそうなところは個人レッスンでフィードバックするように連携を取りますので、特にオーボエを初めて間もない方は個人レッスンとご併用を強くおすすめします!

 

グループレッスンをはじめたときは、オーボエ同士というのがなかなかない形態ということもあり不安もありましたし、生徒さま同士でどのような様子になるかドキドキでしたが、やってみると確かにオーボエ同士の難しさはありますが、個人レッスンのみだった頃と比べて生徒さまがすごく生き生きされるようになって、始めてよかった!もう少し続けようかなぁの積み重ねで、気づいたら開講して4年が経っていました。これからも続けていこうと思う、大事なレッスンのひとつです😌

 

ある程度ガイドラインが出来たので他の先生方に譲って私はグループレッスンの担当を退いてしまったのですが、次の発表会は10周年の節目ということもあってまた返り咲こうかなと目論んでいます。だってグループレッスンってここでしか得られない楽しさがあるんですよ💓グループレッスンは、ご経験年数やご年代がさまざまであることも魅力です。皆お上手でパッと吹ければもちろんそれは素晴らしいことですが、はじめたばかりの方からベテランさんまでバラバラであることで学べることもいっぱいあることを生徒さまに知って頂けたらという思いがあります😊

 

グループレッスンにご興味がある方は、夏までお時間がありますのでぜひ上半期では講師との二重奏等で耳と技術を磨いてみてください♬

レッスンでとてもよく使う二重奏です。生徒さまには使う曲をコピーして頂いていますが、一冊買っておいても便利ですね👇

オーボエ デュエットアルバム

オーボエ デュエットアルバム

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: ヤマハミュージックメディア
  • 発売日: 2017/03/17
  • メディア: 楽譜
 

 

個人レッスンだと網羅できない「音の調和」の学びには、グループレッスンです✨

私のオーボエアクセサリー

フルートやクラリネットのものは可愛いものが多いけど、オーボエはまだ少ないので、ちょっと工夫して、リードケースにアップリケをつけてみました。ことね、のKです。

f:id:kotone-os:20200109181010j:image

 

水入れは、最近女子の定番になっているアレです💓たくさんあると便利なのでいくつか持ってます。

f:id:kotone-os:20200109181102j:image

 

アンブシュア確認に使う手鏡は昔もらったゲランのノベルティで、お気に入りです。あのフェイスパウダーのデザインです🌸

でも丸くて譜面台に置きづらいのがウィークポイント。

f:id:kotone-os:20200109181224j:image

 

こうしてちょこちょことした小物をお気に入りで揃えると、練習する時も気分が良いです💓

皆さまもオーボエに使うアクセサリー、ぜひ色々見てみてくださいね。

素敵なものがあったら教えてください✨

 

ちなみに、今私が気になってるのはコチラ⬇️

リュックタイプはすでにナホックがあるのでしばらく必要ないのですが、お洋服と合わせやすいカラーリングだからサマンサは私にはちょっと可愛すぎますがこれならいいかなって思っちゃいます。

クラリネット用ですがオーボエもいけると思います❤️

キャリーケースにも乗せられるのは、ドレス本番の時に助かりますね。

 

楽天だとポイント還元されるので、お店でサイズだけ見てネットでポチるのがおすすめです😊最近もっぱら私はそうやってお買い物しています。

買われた方、いらしたら教えてください💓